エアアジア・ジャパン 事業廃止のお知らせ

プレスリリース転載

  • 2020年10月5日(月)
事業廃止のお知らせ

2020年10月5日
エアアジア・ジャパン株式会社
代表取締役 最高執行責任者
会田 純

本日、エアアジア・ジャパン株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社の事業を廃止することを決定し、国土交通省に対し、本年12月5日をもって全路線を廃止する旨の届出を行いましたので、お知らせいたします。

当社は、2014年7月の設立以降、中部国際空港を起点として、国内航空運送事業及び国際航空運送事業を実施してまいりました。しかしながら、今般の新型コロナウィルスにより、世界経済に重大かつ長期的な影響が生じ、また、各国での出入国規制強化や旅客需要の減退により減便や運休が発生していることによって、当社の事業運営に大きな困難が生じております。これまで継続的かつ広範な経費削減などの経営努力を続けてまいりましたが、網羅的な事業の見直しを重ねた結果、新型コロナウィルスの終息時期の見通しが不透明な状況において事業を継続することは極めて困難であると判断し、事業を廃止するという苦渋の決定をいたしました。

これまで当社のサービス・商品をご利用いただいた皆様その他当社の事業をご支援いただいた数多くの方々に、心より感謝と御礼を申し上げます。

今後は、航空法その他の法令に従い、事業の廃止に向けて諸手続を進めてまいります。事業の廃止に伴う当社の債権債務関係や契約関係の処理に関しましては適時にご関係各社にご連絡を差し上げます。

当社の全路線につきましては、本年12月5日をもって廃止する予定です。当社の各路線は、本年10月24日まで運休することが決定しており、その後も本年12月5日まで運休の見通しですが、改めてお知らせをいたします。運休となった路線の航空券をご予約いただいていたお客様には、7日以内に電子メールでご連絡をさせていただきます。また、お客様専用のサポートページは こちら のサイトからご覧いただけます。

なお、上記当社の事業の廃止について、当社以外のエアアジア・グループ関連会社(エアアジアX、タイ・エアアジアX、タイ・エアアジア、エアアジア・フィリピン)の日本路線への影響はございません。マレーシア、タイ及びフィリピンと日本との間の国際旅客便につきましては、関連する出入国規制が緩和され次第、再開する予定でおります。引き続き、エアアジアのサービス・商品をご愛顧いただけますよう、お願いいたします。

本お知らせに関するお問い合わせ先

この記事へのコメント

コメントを書く

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ